スポンサードリンク

青汁を飲むと紫外線対策や日焼け対策に効果的?

日焼け対策

青汁は、紫外線対策や日焼け対策に有効な飲み物であるのかは、とても気になる部分です。実際に、日焼け止め対策として利用されている方もいます。しかし、注意しておきたいのが、「青汁を飲んでいるから日焼け止めをしなくても大丈夫!」ではありません。

 

あくまでも、青汁の栄養素が、紫外線対策や肌の日焼けからの保護に有効に作用してくれる、サポート成分が含まれているという事です。しかし、何もしないより、肌を守りたい人におすすめ!な効果について解説します。

 

青汁に配合される日焼け対策に効果のある栄養素

 

では具体的に、どの栄養素が日焼け対策に対して有効になるのか、疑問に感じる人も多いでしょう。ここでは、青汁に入っている栄養素をそれぞれ挙げて、どんな効果があるのか見ていきましょう。

 

ビタミンC

 

肌が紫外線を浴び続けると、活性酸素が作り出されます。この活性酸素には、肌の老化を促進させてしまう作用があるので、しっかりと肌を守ってあげることが大事なんですね。

 

ビタミンCには、活性酸素の増殖を抑制する効果が期待でき、肌が老化しにくくなることが期待されています。また、そばかすやシミなど、紫外線に晒されることで発生する肌トラブルにも対応できる可能性が高いようです。

 

日焼けして肌にダメージができ、見た目が老けてしまうことにビタミンCの成分が効果を発揮すると考えられます。

 

レモンの青汁

レモンの青汁

ケールを主原料とした青汁です。クセがあるため飲みにくいとされるケールですが、「レモン果汁」がたっぷりはいっているので、子どもから年配の方まで、おいしいと評判です。初回お試し価格で、6,610円(税込)で利用できます。さっぱりとして、のみやすい青汁が飲みたいという方におすすめです。

価格(税込) 内容量

通常7,344円
定期6,023円

60包
1包3g

公式サイトはこちら

 

ビタミンCが豊富な野菜

ピーマン・ゴーヤ・ブロッコリー・ケール・カリフラワー

ビタミンA

 

野菜

ビタミンAが体内で不足すると、皮膚の機能回復効果や新陳代謝が停滞しがちになります。つまり日焼け対策や紫外線対策をするためには、ビタミンAをしっかり補給することが大事になるのですね。

 

青汁にはたっぷりとビタミンAが入っているので、日焼けに対抗できる肌の機能を保つことに役立ちます。日焼けによって肌の炎症が起き、ヒリヒリするという人もいるかと思います。

 

その状態になりにくくすることが期待でき、日焼けと戦う肌の防衛能力をぐっと引き上げてくれる大事な栄養素だと言えるでしょう。そんなビタミンAを普段から青汁で摂取して、紫外線に負けない肌作りをしてみてはいかがでしょうか。

カロテンが豊富な野菜

体内でカロテンは、ビタミンAのレチノールに変換されます。野菜でビタミンAを補給する場合、カロテンが多い野菜を摂取しましょう。
しそ・にんじん・とうがらし・モロヘイヤ・パセリ・バジル・ほうれん草

ビタミンE

 

ビタミンEには、皮膚への血流を増やして、ダメージからの回復を促す作用があります。大量のUVを浴びて日焼けした肌は、思った以上に深刻にダメージを受けているんです。

 

見た目で赤くなって炎症を起こしているとかなりダメージは大きいですが、肌に変化が無くても肌は紫外線にやられていることがほとんどです。

 

ビタミンEの血流促進で、ダメージを受けた肌は少しずつ回復に向かいます。紫外線対策をする時には、ビタミンEの摂取も欠かせないと覚えておきましょう。

ビタミンEが豊富な野菜

とうがらし・大根葉・かぼちゃ・赤ピーマン

ルテイン

 

青汁には、ルテインと言う成分も含まれています。ルテインは、目から入ってくる紫外線対策に有効であることが分かっています。肌が直接UVを浴びていなくても、目からの紫外線で肌に影響が出てしまう人もいるようですね。

 

ルテインの成分も青汁で摂取しながら、万全に紫外線対策を進めることが望ましいと思います。ビタミン群は肌に直接効果があるイメージですが、ルテインは間接的に肌を守ってくれる強い味方です。

ルテインが豊富な野菜

かぼちゃ・いんげん・ブロッコリー・グリーンピース・ほうれん草

それぞれの栄養素の相乗効果が対策に

 

日焼け対策

ビタミン群やルテインは、青汁に含まれる日焼け対策効果のある成分です。それぞれの成分がそれぞれ肌の保護や紫外線対策に効果を発揮してくれますが、青汁はこのような成分が何種も含まれているのが強みですね。

 

日焼け対策に効果が期待できるのはもちろんですが、各栄養素が相乗効果を作って、より強力な肌の保護やケアに繋がることも期待できるからです。

 

栄養素を単独で摂取するときよりも、いくかつの成分を同時に取った方が吸収効率を劇的に高めることもあるので、そのメリットを青汁で体感できるかと思います。

 

こういった特徴があるのも、青汁が紫外線対策にとても有効だとされる理由になりそうですよね。日焼け止めのクリームを塗ることに加えて、青汁を飲む習慣を付けることも、肌を日差しから守ることに強く作用するでしょう。

日焼け止めの効果が出る青汁の飲み方

 

夏になったから、青汁を飲んで日焼け対策しよう・・・と思っても間に合いません。肌は28日周期で生まれ変わります。そのため、お肌のために青汁を飲むのであれば、1ヶ月前からは飲んだ方が良いでしょう。

 

さらに、美容効果をアップさせるのであれば、美容成分が含まれた青汁がおすすめです。青汁の豊富なビタミンなどと一緒に、美容成分が取り入れられるのはうれしいですね。そして、効果を期待するのであれば、1日1杯の青汁を毎日継続しましょう。

 

紫外線対策に青汁がオススメな人とは?

 

  • UVクリームを塗ってケアするのが面倒だなと感じる人
  • 紫外線対策でクリームを使いたくても、肌が弱くて使用できない人

 

外に出る前にクリームを日焼けしたくない部分に塗るのには、意外と時間が掛かってしまうので、その手間を省きたい人には青汁がオススメされるでしょう。

 

そして、日焼け対策はしたいけど、クリームが肌に刺激が強すぎるから対策法がなかなかない…という人は、青汁を飲むことを日焼けクリームの代案にしましょう。

 

全ての人がUVカットのクリームを使えるわけではないので、どんな人でも対策できる青汁が活用できるのは嬉しいですよね。しかし、あくまで紫外線対策のサポートとしての役割なので、日焼けやシミなどが嫌な方は、日焼け対策をしっかりと行いましょう。

 

青汁の美容効果に興味がある方はこちらの記事もおすすめ

ニキビやニキビ跡の改善には簡単に飲める青汁がおすすめ