スポンサードリンク

プチ断食やダイエットに青汁がおすすめな理由

ダイエット

青汁を取り入れてダイエットするとなぜおすすめなのか、青汁マニアが詳しく調査してみました。すると、青汁はプチ断食や、長期的なダイエットの両方に効果が期待できる飲み物とである事がわかりました。

 

それは、青汁にも含まれている食物繊維、ビタミンB群、酵素は、便秘解消・食後の血糖値の上昇を穏やかにして、短鎖脂肪酸の増加・脂肪燃焼といった効果が期待できるからです。そしてここでは、プチ断食や、長期的なダイエットにおすすめな青汁をお伝えします。

 

ダイエットで青汁を選ぶならおすすめの主原料

ダイエットをする時は、摂取カロリーを落としつつも、栄養は取り入れなければいけません。低カロリーな青汁は栄養価も高いので、ダイエット中でもおすすめです。青汁に使われる主原料で、期待できる効果が違います。ここでは、ダイエットで青汁を選ぶならばおすすめしたい主原料を紹介します。

 

桑の葉

桑の葉のダイエット効果

食後の血糖値の上昇や、食事の過剰摂取を抑える働きがあるといわれる「桑の葉」は、長期的なダイエットにも、短期的なダイエットにもおすすめです。ダイエット時の不足しがちなミネラルも豊富なのも魅力。苦い緑茶のような味で、クセもあまりないので、初心者にもおすすめです。

 

関連記事:桑の葉の効能と有効成分

 

明日葉

 

明日葉

体の水分バランスを調節するカリウムが含まれる「明日葉」は、栄養価も高く、「美容に最高の成分」と言われるほど。体のめぐりを調えて、ゆっくりとダイエットする時におすすめです。少し苦味があるので、豆乳や牛乳で溶かすとグッと飲みやすくなります。

 

関連記事:明日葉の効能と有効成分

 

この他にも、ダイエットにおすすめしたい、ビタミンBがたっぷり含まれた青汁がおすすめです。なぜビタミンBなのか、その理由を解説します。

青汁の栄養−ビタミンB群とダイエットの関係

青汁ダイエット効果

ビタミンB群は、三大栄養素の脂質、炭水化物、タンパク質を体の中でエネルギーに変換するのを助ける仕事をします。それで、ビタミンBの不足は、三大栄養素がエネルギーに変換される効率を悪くし、糖質、脂質が体内に脂肪として蓄積されることになります。

 

ダイエットの成功には、ビタミンB群の定期的な補充がカギです。それで青汁でビタミンBを定期的に補充するわけです。

 

ビタミンB1・ビタミンB2の摂取が大切

 

ダイエットの成功と関係のあるビタミンB群ですが、特に糖質の代謝を促進させるビタミンB1、脂質の代謝を促進させるビタミンB2を補充できます。青汁の原材料となる有名な野菜にはこのふたつのビタミンBが入っています。

 

青汁の原材料の野菜100gに含まれるビタミンB1・ビタミンB2の含有量

 

ビタミンB1 ビタミンB2
大麦若葉(乾燥・粉末) 0.8mg 2.03mg
桑の葉(乾燥・粉末) 0.59mg 1.35mg
ケール(生) 0.06mg 0.15mg
明日葉(生) 0.1mg 0.24mg
ゴーヤ(生) 0.05mg 0.07mg

 

大麦若葉が他の青汁の原材料の野菜より、ビタミンB1・ビタミンB2が豊富です。

 

大麦若葉

大麦若葉

 

SDO酵素が含まれているので、美容面でのアンチエイジング効果が期待できます。さらに、食物繊維も豊富なので、デトックス効果や、便秘解消効果も。青汁の様々な成分の中でも、飲みやすいので、青汁初心者にもおすすめです。

 

関連記事:大麦若葉の効能と有効成分|おすすめ青汁ランキング

プチ断食時の青汁の活用

プチ断食は、一般的には丸1日、食事を抜いて飲み物のみで生活するというのが一般的な流れです。青汁や水などはOK!でも食べ物はNG!という事で、若い女性もチャレンジする方が多くいます。

 

注意すべき点は、3日以上の長い期間は断食はしないということです。体への負担が強くなるので、1〜2日で行う事がベストになります。

 

青汁を飲んで行うプチ断食の効果は?

期間がとても短いので、一気に何kgも落とせるわけではありませんが、人によっては1kg近い減量のできる人もいるようです。

 

痩せるというよりも、体の中の臓器を休ませることでの新陳代謝アップ、体の中の老廃物を排出をさせる便秘解消効果、などが期待できます。

一番気になるのは、やはりプチ断食でどれくらい痩せられるのかについてだと思います。しかし、プチ断食を行った方の口コミは、体重が落ちるという効果以上に、「体が軽くなった」「体がスッキリした」と感じる人が、青汁プチ断食をする人には多いとされています。

 

つまり、体の中をプチ断食でリセットするようなイメージです。丸1日ほど、青汁だけ口にする生活になりますが、青汁自体には多くの栄養素が含まれているため、栄養不足になる心配はそれほどないとされています。

 

プチ断食の具体的な進め方

 

準備期

 

プチ断食は、その日だけ行うというわけではない点はチェックするべきでしょう。体に対する負担が大きくならないように、断食する日の1〜2日前から、食事は軽めにしましょう。おすすめは、野菜・豆腐・海藻などを使った和食です。

 

プチ断食当日

 

青汁

基本的にプチ断食をする日は、3食をまるごと青汁に置き換えます。青汁を飲むタイミングは、朝・昼・晩の食事の時間に合わせましょう。水はいつでも飲んでもOKです。

 

青汁によくマッチする、飲むヨーグルトや豆乳などを使って、飲む方法に変化をつけても良いでしょう。青汁の味がちょっと苦手かな…という人にも、ストレスを感じにくくもなるのでおすすめです。

 

復食期

 

断食を終わった翌日からは、少しずつ食事量を増やすようにし、胃腸を普段の食事に慣らします。お腹がすいたからといって、たくさん食べすぎるとせっかくの努力が台無しです。まずは、おかゆからはじめて、消化の良いうどんなどがおすすめ。高カロリーのものは避けましょう。

 

プチ断食の注意点

 

プチ断食をする時は、体調が良い時に行いましょう。女性の場合、生理中や妊娠中も避けて下さい。そして、なんらかの不調が出た場合は、すぐに中止しましょう。まずは、置き換えダイエットで、自分は食事を抜くことができるのか軽く体験してみる事をおすすめします。

 

水分摂取はこまめに行いましょう。とにかく、無理は禁物。体に異常を感じたら取りやめましょう。プロの指導のもと、プチ断食が行える施設などもあるので、不安な方はそういう場所を利用することをおすすめします。

長期的なダイエットへの青汁の効果とは?

プチ断食とは対照的に、長い期間挑戦するダイエットにも、青汁が効果はあるのでしょうか。ここからはその点について見ていきます。

 

どれくらい減量できそうなのか?

どの程度痩せられるかについては、ダイエットの期間や体質にもよりますが、数か月から半年のスパンで考えると、徐々に減量できるとされています。

 

一気にどんと体重を減らせる方法ではないものの、体に負担を掛けないで健康的に減量できるという魅力が、青汁の良い面となっているのです。

 

青汁を飲むタイミング

 

一番効果的なのは、食事をする前に飲んでしまうことです。食前に飲むと血糖値が上がりにくくなり、食べたものの吸収が鈍くなるため、太りにくい状態を作ります。

 

また、おやつや間食代わりに青汁を飲むという選択肢もアリですね。チョコレートやスナック菓子に比べて断然カロリーや脂肪分などが少なく、口の寂しさを紛らすのには最適です。加えて健康に良い栄養分を摂取できるので、一石二鳥と言えるかもしれません。

 

色んな青汁を試してみよう

 

数か月単位でダイエットをするために青汁を飲むときには、飽きてしまうなんてことも考えられます。最近では、一般的な青汁とは違う、フルーツ青汁なども販売されています。

 

追加で青汁を買う時にこうした変わり種の青汁を買ってみて、バリエーションを楽しむこともダイエットを続けるためには欠かせないと思います。青汁でダイエットをしながらも、色んな種類の味を楽しむというのもこのダイエットのやり方の魅力であると言えそうです。

 

関連記事:おやつ感覚の青汁|ゼリー(ジュレ)タイプ青汁まとめ

青汁の代表的な栄養−食物繊維とダイエットの関係

青汁の食物繊維がダイエットサポートになると言える理由を4つ挙げます。

 

満腹感を得られる

 

青汁の代表的な栄養でもある食物繊維はふたつの種類に分類されます。水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維です。 たくさん食べなくても満腹感を感じられるようにしてくれるのが、水溶性食物繊維です。

 

水溶性食物繊維は、名前のままで、水に溶けやすく、溶けるとゲル状になります。そうすると胃が膨れて膨満感、満腹感が得られます。ある程度の量で満腹感を得られ、食べ過ぎ防止になるということで、青汁の食物繊維はダイエットにおすすめです。それで、食事前に、青汁を飲んでおくことができます。

食後の血糖値の上昇を穏やかにする

 

食後の血糖値の急な上昇により、インスリンの分泌が活発化し、脂肪細胞が糖分を蓄えるようになります。それで食後の血糖値の上昇を穏やかにすることは、ダイエットのポイントのひとつといえます。

 

水溶性食物繊維は、水に溶けるとゲル状になる特徴があり、胃から小腸への食べ物の移動速度を遅くする、小腸での糖質の吸収を遅くすることができます。これにより血糖値の上昇が穏やかになるので、肥満の予防につなげることができます。

 

関連記事:青汁で糖尿病の予防と対策ができる|血糖値を下げる効果

短鎖脂肪酸を増やす

 

ダイエットに関係する言葉で最近よく聞くのが、短鎖脂肪酸です。短鎖脂肪酸は、脂肪細胞の肥大を抑え、太らないように助けてくれます。さらに、筋肉などに影響し、脂肪をエネルギーに変換するように、痩せる方にも助けてくれます。

 

この、短鎖脂肪酸は、腸内で水溶性食物繊が発酵して作成されます。青汁の代表的栄養の食物繊維が肥満解消と関係の深い短鎖脂肪酸を増加させます。

便秘解消

便秘解消におすすめ

食物繊維の別の種類である不水溶性食物99繊維は、水分を吸収して膨らむことで、便の容量が増し、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進させて快適な排便を助けます。青汁を毎日飲めば、不水溶性食物繊維の働きで、快適な便通習慣を確立でき、ダイエットには大敵の便秘を解消できます。

 

関連記事:青汁は便秘対策になる〜自然な食物繊維で腸をきれいに〜

短いプチ断食、長いダイエットの両方にも有効

青汁は短期間のプチ断食、長期的なダイエットのどちらにも効果が期待できます。豊富な栄養素が含まれ、体重を減らすことにも期待が持てる飲み物なので、減量に挑戦する期間に関係なく青汁を飲むメリットがあるのです。

 

プチ断食よりも、長い時間水分で生活をするファスティングでも青汁は利用できます。気になる方は、こちらの記事をどうぞ。

 

関連記事:ファスティングのときの飲み物には青汁がおすすめ!?