スポンサードリンク

産後ダイエットをする方に青汁はおすすめ

産後ダイエットにチャレンジしたい!と言う人には、青汁を使ったダイエットがおすすめです。青汁は、栄養成分が豊富なため、栄養が偏りがちなダイエットの栄養補給にピッタリです。

 

とくに、産後はホルモンのバランスが崩れたり、ストレスがたまったりと、体と心の変化も大きくなりがちです。青汁の栄養は、そのバランスを整える効果も期待できます。産後ダイエットを行いながら、体調を整える事ができる青汁の効果を紹介します。

 

4つの成分が産後ダイエットにおすすめ!

産後ダイエットで青汁を飲むときに、体重を減らすメリットがある成分には、具体的にどんな栄養素がおすすめなのでしょう?産後ダイエットにおすすめの青汁を紹介します。

 

整腸作用が魅力の食物繊維

 

乳酸菌と同じく、整腸作用や便秘の改善効果がある食物繊維も、産後ダイエットには欠かせません。出産後の便秘体質になりやすいところを食い止めることが期待できるので、青汁から乳酸菌と一緒に食物繊維もしっかり摂取するのが良いでしょう。

 

青汁の製品によっては、この食物繊維が非常に豊富に入っているものもあります。特に大麦若葉が主成分の青汁が食物繊維が豊富なためおすすめです。

 

 

リッチグリーン

リッチグリーン

無農薬で育った「赤神力」という、葉っぱが大きく、栄養価が高い大麦若葉が使われています。加熱処理ゼロなので、酵素が活きているため、豊かな泡だちが楽しめます。

 

もちろん、無添加なので、授乳中でも安心して飲むことができます。大麦若葉は、青汁の中でも飲みやすい味として知られているので、青汁が初めての方にもおすすめです。

お試し価格(税込) 内容量
500円 12包

公式サイトはこちら

 

産後のヘルスケアには欠かせないビタミン群

 

産後は体を労ってあげることが、とても重要です。ビタミンAは抵抗力アップの作用があって、産後の体力回復を促してくれます。

 

ビタミンCも体の免疫機能を高める作用があるので、産後のダメージを受けやすい体の状態を取り戻すことに役立ってくれます。そして、ビタミン群の中で産後ダイエットに効果があるのは、ビタミンB群です。

 

青汁産後ダイエット

食事で摂取した糖質やタンパク質の代謝をサポートする作用があり、産後のダイエットサポートに一番貢献してくれそうですね。糖分をエネルギーに変換するためには、ビタミンB1、B2、B6が特に効果的なので、青汁からの摂取が望ましいでしょう。

 

豊富なビタミン群が青汁には入っており、産後のダメージ回復と併せてダイエットの成果を挙げることにも役立ってくれそうです。そのため、産後ダイエットを考える人は、青汁でビタミンを補給してみましょう。

 

授乳期の便秘の改善に役立つ乳酸菌

 

授乳期には、母乳を出すために多くの水分が使われます。そのため、授乳期には便秘になりがちな女性も多いので、乳酸菌がおすすめです。

 

乳酸菌は腸内環境を正常に近付けながら、便通を促すことが期待できるので、便秘解消が期待されています。便秘の症状が良くなれば、体重の自然な減少にも繋がってくるので、産後のダイエットをする時には大事な栄養素になるでしょう。

 

青汁みらい

青汁みらい

主原料である桑の葉は、DNJ(デオキシノジリマイシン)というダイエットに効果が期待できる成分が含まれているので、産後ダイエットにおすすめです。しかも、有機栽培の桑の葉で、無添加だから産後の授乳期でも安心して利用できます。

 

さらに、発酵乳飲料「ケフィア」の有用成分である「ケフィラン」をお米で培養した、「米ケフィラン」が含まれています。培養することで、ケフィランの含有量はケフィアの250倍になっている注目成分です。

価格(税込) 内容量

通常 4,860円
定期 4,228円
(初回2,430円)

30包

 

公式サイトはこちら

 

過食を防ぐ効果があるカルシウム

 

カルシウムが不足してしまうと、気分が落ち着かなくなって、過食気味になりがちです。青汁にはカルシウムもたっぷり入っているので、気持ちを安定させつつ過食を防ぐことに作用します。

 

その結果として、産後ダイエットが進みやすくなることにも繋がるので、しっかりと青汁から摂取しておきたいところですね。

 

 

ふるさと青汁

ふるさと青汁

青汁の主原料の中で、カルシウムが豊富な桑の葉、食物繊維とβカロテンを多く含む明日葉を原材料にした青汁です。もちろん、食物繊維も豊富で、ミネラルや他の栄養を摂れり入れることができます。

 

添加物や、人工甘味料も含まれていないので、授乳中でも安心して利用できます。体に必要な栄養を取り込みながら、扶養な老廃物を排出を促す事ができる、ダイエットにはもってこいな青汁です。

価格(税込) 内容量

通常4,104円
定期3,693円

30包

詳細はこちら

公式サイトはこちら

産後どのタイミングで青汁を飲むべき?

 

産後ダイエットで大事と考えられるのは、どの時期から青汁を飲むのかについてです。いつから飲んでも問題はないとされていますが、時期別に注意するポイントを見ていきましょう。

 

出産直後の時期

 

青汁は出産してから間もなくの時期に飲み始めても、特に問題はないでしょう。さっそく母乳で赤ちゃんを育て始めるお母さんもいると思いますが、添加物のなるべく入ってない青汁を選んで飲むようにすると良いでしょう。

 

また、抹茶メインで味が整えられている青汁は、カフェインが多い傾向にあるようです。母乳から赤ちゃんへと栄養が届けられますが、カフェインが多くなってしまうと赤ちゃんが興奮しやすくなることもあるので、このタイプの青汁も避けるべきです。

 

青汁は産後うつ予防にも

 

青汁産後ダイエット

なれない育児で、ストレスが溜まり産後うつになる方もいます。青汁には、幸せホルモンのセロトニンを増やす、トリプトファンという物質が多く含まれています。疲れが溜まっていると感じた時は、女性ホルモンを安定させる「豆乳」を使った「青汁豆乳ラテ」でリラックスしましょう。

 

トリプトファンが多く含まれている成分としておすすめなのが、クロレラです。ステラの贅沢青汁は、クロレラ・ケール・長命草の3種類の成分で作られた粒タイプの青汁になります。

 

産後数か月〜1年程度

 

産後間もない時よりも、少し青汁に他のものを混ぜるなどしてアレンジしてみると良いでしょう。産後ダイエットの効果を高めるという意味でも、豆乳や牛乳と混ぜて腸の動きを活性化させるなど色々と工夫をしてみる時期ですね。

 

青汁の味に飽きのきやすい時期でもあるので、少しアレンジした飲み方をやってみるのがおすすめです。母乳育児をしている場合には、産後間もない時と同様添加物などに注意する必要はありますが、少し自由に青汁を楽しみながらダイエットに挑戦しましょう。

 

産後1年以上

 

母乳育児が続いていれば、1年経たない時と留意点は変わりません。また、炭酸水で割って満腹感を感じながら産後ダイエットをするなどの方法もありですね。この時期になると減量効果を感じる人も多くなるかと思いますが、その後も健康維持を目的に青汁を続けるという選択肢も考えられます。

 

無理のない範囲で青汁を飲む習慣を続けて、更なるダイエットや全身のヘルスケアに役立ててみると良いと思います。

 

産後ダイエットには青汁は効果アリ

産後ダイエットを実践する時には、青汁は効果が期待できるものとされています。赤ちゃんを健康に産むために、ほとんどの女性は自然と体重が増え、10kg以上増えるのもよくあることです。

 

産後は母乳育児の場合、自然と体重は落ちますが、ある一定の体重にさしかかると体重がなかなか落ちないという事がおこります。青汁には本当に沢山の栄養素が入っていますが、体重がなかなか減らない原因にアプローチして、産後のダイエットの結果が出やすくなるようサポートしてくれるのでおすすめです。