スポンサードリンク

青汁でつらい喘息を改善できる!?

青汁の原材料でもあるクマザサは昔ながらの喘息治療薬

 

つらい咳や息苦しさが伴う喘息ですが、子供だけでなく、大人でもこの症状に悩まされている方が増えています。喘息を改善するのに青汁をおすすめします。青汁の原材料となってきたクマザサは古くから喘息の治療薬として使用されてきたからです。

 

薬ではなく、健康的な青汁で体質改善をしたいという方に、喘息の予防におすすめの青汁を紹介します。そして、クマザサの青汁が喘息の改善に効果があるといえる詳しい理由を解説します。

 

喘息の予防におすすめの青汁

昔からクマザサは喘息の治療薬として用いられてきましたから、クマザサを原材料にした青汁がおすすめです。ここでは、クマザサが入った青汁を紹介します。

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

おやつ感覚で食べれるゼリータイプ。青汁の栄養と植物発酵エキス・乳酸菌を取り込む事ができます。黒糖と、ココナッツシュガーが含まれているので、和菓子のような上品な味です。

 

材料のクマイザサは、クマザサと同じササ属にあたる植物で、北海道の自生しているものが利用されています。さらに、お米由来の乳酸菌や、植物醗酵エキスが腸内環境を整えるので、アレルギー体質の方におすすめです。

価格(税込) 内容量

通常 4,320円
定期 3,888円
(初回2,160円)

30包

 

公式サイトはこちら

 

美感青汁

美感青汁

商品名からも分かるように女性に人気の青汁です。メインの成分であるクマザサは、信州北アルプスの山で育った栄養豊かなクマザサで、新芽を丁寧に摘み取ったものです。この青汁の特徴は、粉末タイプではなく、ジェルタイプという点です。

 

水に溶かす必要がないので、持ち運びに便利で、いつでもどこでも簡単に摂取することができます。この青汁は、ビタミンCの含有量も豊富です。1本当たり120mgのビタミンCを含んでいるので、成人女性の1日の推奨摂取量の85mgをすぐに摂取できます。

価格(税込) 内容量

通常3,700円
定期2,800円

30包

公式サイトはこちら

 

クマザサについてもっと詳しく知りたい方はこちら

クマザサの効能と有効成分|おすすめ青汁ランキング

喘息の予防になるクマザサの成分

 

クマザサ

喘息の発作の原因の主なものにアレルギーがあります。アレルゲンとなるものが気管支に炎症を起こし、気管が狭くなり、息苦しくなります。最近の研究では、喘息と関係のあるアレルギーを抑制する抗アレルギー効果がクマザサにあることが分かりました。

 

例えば、クマザサにも含まれるキシログルカンには抗アレルギー効果があ、他にも、クマザサにも含まれるアラビノキシランやビタミンCには免疫力を上げる効果があります。

 

クマザサには、抗アレルギー効果、免疫力を上げる効果があるので、クマザサを原材料とする青汁を定期的に飲むことでアレルギーを原因とする喘息の予防効果を期待できます。

喘息の予防になる青汁に含まれる成分

青汁の栄養分の中には、喘息の予防に役立つものがいくつもあります。そのうちの4つを紹介します。

 

ビタミンA

青汁の代表的な栄養でもあるビタミンAは、口腔、肺、臓器などの粘膜の元となり、粘膜の働きを強化します。そううることで外から侵入してくる菌や有害物質から体を保護する機能が強化され、アレルギーや喘息の予防に役立ちます。

ビタミンC

ビタミンCは副腎皮質ホルモンの分泌を助けます。副腎皮質ホルモンはアレルギーを誘発するヒスタミンの活動を抑制します。さらにビタミンCはビタミンA、ビタミンEの体内での吸収をサポートするという効果もあります。ビタミンAを効率よく吸収出来れば、体の粘膜も強力になり、喘息の予防になります。青汁の原材料の中でもケールにはこのビタミンCが豊富です。

 

関連記事:ケールの効能と有効成分|おすすめ青汁ランキング

αリノレン酸

アレルギーを引き起こす原因のひとつにリノール酸の過剰摂取があります。このαリノレン酸は、リノール酸に対して働き、アレルギー反応を抑制します。青汁でも、海藻やしそなどを原材料に含んでいる青汁にはこのαリノレン酸が含まれています。

スルフォラファン

ブロッコリーなどのアブラナ科の食物に含まれている成分です。最近の研究ではこのスルフォラファンが気管支の炎症を抑えることが分かりました。ケールやブロッコリーを原材料にした青汁にはこのスルフォラファンが含まれています。

 

原材料にブロッコリーが入った青汁はこちら
サンスター 健康道場 粉末青汁

サンスター粉末青汁

気管支の炎症を抑える効果のあるスルフォラファンが含まれるブロッコリーを原材料のひとつにしている青汁です。他にもケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤが原材料として含まれています。

 

さらに、一般的な青汁は、1日に2、3包を飲みますが、この青汁は1包あたり10gと他の青汁の2.5倍の量なので、1日1包だけでじゅうぶん必要な栄養を補えます。

価格(税込) 内容量

通常4,860円
定期4,374円

30包

公式サイトはこちら

喘息予防におすすめの青汁の飲み方

青汁の青臭さであったり、苦味が苦手な方は、青汁が苦手・・・と感じてしまいます。しかし、通販で販売されている青汁は飲みやすい物が多いので、あまり心配する事はありません。心配ならば、口コミで「おいしい」と書いてある物が多いものを選ぶようにしましょう。

 

そして、青汁にもうひと工夫すると、さらに飲みやすくなって、喘息予防効果もUPする飲み方があります。ぜひチャレンジしてみてください。

 

ハチミツ入り青汁

はちみつ

喉の炎症や咳止めにハチミツが効果的だということは以前から有名です。それで、喘息の予防にハチミツを青汁に混ぜて飲むことができます。甘くて飲みやすい青汁で、子供から大人まで楽しめる青汁です。

まとめ

クマザサの青汁には抗アレルギー効果、免疫力を上げる効果があるので、喘息予防におすすめです。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンという成分も気管支の炎症を抑える効果があります。

 

しかし、数回飲んだだけで、すぐに効果が現れることはありません。定期的に飲み、体質を改善することで効果が現れてきます。毎日の青汁習慣で、喘息の発作が出にくい、丈夫な体作りを目指していきましょう。

 

関連記事:青汁は過剰なアレルギー反応を抑制する