スポンサードリンク

更新日:2017/11/16

青汁で安眠効果|不眠解消効果が期待できる

青汁を飲むことで安眠効果があるって本当?

 

青汁と言えば、野菜不足が気になる人が飲むものというイメージですよね。でも実はそれだけではなく、青汁には安眠効果がある成分が含まれている、ということがわかっているんです。青汁にどうして安眠効果が期待できるのかについてまとめました。

 

青汁マニアの調査の結果、安眠のカギを握るのは、「ケール」のようです。ケールが含まれているおすすめの青汁も紹介します。

 

安眠効果を期待するなら、ケールが主原料の青汁がおすすめ

 

安眠効果を期待するのであれば、まずは青汁選びを気を付ける必要があります。安眠効果があるのは「ケール」が主原料である青汁です。青汁には様々な種類があって、ケール以外にも明日葉や大麦若葉などを主原料としたものもあります。

 

もちろんそれぞれ栄養的には優れたものも多いですが、あくまで「安眠効果」を求めるのであればケールが主原料のものを選ぶ必要があります。

 

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

ケールが入ったおすすめの青汁で、しかも無添加です。クセが強く、青汁の原材料の中で、飲みにくいと言われるケールですが、粒タイプなので飲みやすくなっています。

 

定期購入の初回限定価格は980円で、しかもいつでも休止・解約ができるので、安心して利用できます。

価格(税込) 内容量

通常5,122円
定期3,586円(初回980円)

90粒
1日3〜9粒

詳細はこちら

公式サイトはこちら

 

ケールの効能と有効成分|おすすめ青汁ランキング

青汁に安眠効果がある理由とは?

 

ケールに含まれるメラトニン

 

なぜ青汁に安眠効果があるかというと、それは青汁の主原料である「ケール」に答えがあります。ケールはキャベツに良く似たアブラナ科の野菜で、ビタミンやカルシウム、食物繊維などが豊富に含まれていることから、緑黄色野菜の王様とも呼ばれています。

 

そしてこのケールには、「メラトニン」という、睡眠を促すホルモンも豊富に含まれているのです。メラトニンというのは動物や植物などに存在するホルモンで、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれるほど、睡眠に深く関わっているんですよ。

 

ケールに含まれるメラトニンが正常な睡眠のリズムを整える働きがあり、特にアメリカでは、「安眠効果がある」と認められています。メラトニンとは脳から分泌されるホルモンの一種で、睡眠中に最も濃度が濃くなる分泌物です。

 

体内では抗酸化物質として作用し、生体機能の老化を促進する活性酸素の働きを抑制してくれます。ケールにはメラトニンがキャベツの約5倍含まれており、青汁1杯分だけで十分な効果を発揮します。

 

メラトニンの安眠効果

 

メラトニンは、人間の体の体内時計を調節することで睡眠に作用します。体内時計が働くことで、夜になると自然に眠くなる…というリズムが出来ていくのです。また、副交感神経を優位にしてリラックスした状態にし、脈拍や血圧、そして深部体温を下げて、身体を眠りにつきやすい状態にしてくれる効果もあります。

 

しかし、メラトニンは生活リズムが乱れたりダイエットなどによる栄養不足、そして様々なストレスを受けることなどで分泌量が減少してしまうことがあります。そうなると、眠りが浅くなったりなかなか寝付けない…などの睡眠障害が出てくる恐れもあります。

 

なので、最近睡眠の質がちょっと気になる…という方は青汁を飲む事で安眠効果が期待できると言えますね。

 

腸内細菌と睡眠ホルモンの関係

 

睡眠ホルモンと言われる「メラトニン」が分泌されると、眠くなり、睡眠へと導きます。この「メラトニン」は、「トリプトファン」という原料から腸内細菌によって作られ、これは体内では作られません。つまり、食べ物からとる必要があります。

 

トリプトファンが含まれる食べ物
ごま レバー カシューナッツ
ピスタチオ アジ イワシ
納豆 牛乳 ヨーグルト

 

腸内細菌が作り出す睡眠ホルモンによって、安眠効果が得られます。質の良い睡眠をとるためにも、腸内細菌は大きなカギとなります。そして、ケールの青汁を、牛乳やヨーグルトで摂取することで、さらに効果を高める事ができるというわけです。

飲み方も注意

 

安眠効果を求めて青汁を飲むのであれば、やはり夜飲むと言うのがおすすめです。ただ、青汁には便秘を改善する効果もありますので、寝る直前に飲むと逆に腸を活発にさせてしまい寝つきが悪くなることもあります。

 

なので、寝る直前は避けるようにしましょう。ホット青汁にすると、リラックス効果もあってさらに安眠効果が上がりますよ。しかし、あまり熱いお湯で溶かすと、せっかくの成分や酵素を消してしまう事が考えられます。ぬるま湯がおすすめです。

 

青汁で脳内がスッキリすることも

 

青汁

眠れなくなる原因に体が疲れていない・また悩み事などがありストレスが溜まっているというようなことがあります。そんな方に青汁はおすすめです。青汁は味もジュースと違ってスッキリしていることも多く、口の中もさっぱりします。

 

青汁で脳内をスッキリさせることで、快適な眠りにつなげていくというのも良いでしょう。また、青汁も濃いものであればお腹の持ちも良く、満腹感を感じることができます。お腹が空いている状態では深い眠りにつけないようなこともあるので、ぐっすりと眠るための満腹感を得るために青汁を飲むという事もおすすめです。

 

夜飲むにしても、食べ物を食べるよりは低カロリーなので健康的です。できるだけ無理なく飲めるものを選び、ストレスなく眠れる状態というのを作っていきましょう。

 

まずは、量や飲む時間を自分で調整しながら習慣にしていくのも良いでしょう。働く女性が増えた今、うまく眠れない女性も多いので、青汁の効果を利用してみると良いです。