スポンサードリンク

更新日:2017/07/19

安心して通販青汁を購入するために|定期購入トラブル回避術

青汁には、「通常購入」「定期購入」「まとめ買い」という3つの購入方法があります。この3つの購入方法の中で、「定期購入」でトラブルに巻き込まれる方がいます。この商品を利用したいと思ったのに、アフターフォローが悪いと、がっかりしてしまいますよね。

 

青汁マニアは、様々な青汁の口コミを通して、そういったトラブルに合った方の苦悩を見てきました。定期購入でトラブルに巻き込まれないですむホームページの見方を始めとする、トラブル回避術をまとめました。

 

購入後のトラブル回避のために気をつけるポイント5選

 

自分が購入しようとしている青汁は、「通常購入」なのか、「定期購入」なのかを調べる事が大切です。「定期購入」をするのであれば、情報はしっかりと確認しましょう。多くの企業は、ホームページ上にわかりやすくまとめてありますが、中には大切な情報の記載がない場合や、小さくて見えない場合もあります。

 

 

定期購入は◯回など、しばりの有無

 

「効果を実感してもらいたいので、◯回のご購入をお約束」、という文字が購入ボタンの下に記載してある所は、とても良心的です。通販の商品の中には、購入ボタンを押さなければ、「◯回のお約束」という文字が確認できない場合もあります。

 

特に、注意書きが細かいものもありますが、すみずみまで読んで理解することがトラブルの回避につながります。

 

口コミ上にあったトラブル例
  • 5回続けないなら違約金(5回分の商品代)を請求された。商品も届いていないのに、どうしてお金を払わないといけないのか、意味がわからない。
  •  

  • 4回継続が必要って知らなかった。


初回限定価格がある場合は、2回目の価格を確認する

 

口コミを調べる

お得に利用してもらいたいという事で、初回限定価格が用意してある青汁も多いです。しかし、2回目以降の価格の記載がないものもあります。「定期購入の間ずっと、この価格だと思っていた」という口コミも。

 

初回限定価格が用意されているものは、2回目以降の価格も調べて購入しましょう。もしも、2回目以降の金額の記載がないようであれば辞めておきましょう。

 

口コミ上にあったトラブル例
  • 2回目以降の購入金額が公式ホームページで記載されていませんでした。980円でずっと利用できると思ってたら、2回目からは金額が上がって驚きました。途中解約は出来ないことになっていたのでとても困りました。
  •  

  • ずっと50%割引だと思ってたのに、2回目から10%割引になってた。小さい字で書いてあるから気が付かなかった。

 

様々な支払い方法があるので、支払い方法を確認する

 

後払いができるものや、コンビニ決済、クレジットでの支払いができるものなど、様々な支払い方法があります。自分にあった支払い方法ができるものを選びましょう。

解約トラブルがないか口コミを調べる

 

気になった商品は、「商品名 口コミ 解約」など自分が知りたい情報で検索して下さい。「解約しようとしても電話がつながらない」「なかなか解約させてもらえない」「オペレーターの対応が悪い」といったトラブルを訴えている口コミもあります。

 

良い企業であれば逆に、「オペレーターの対応が良かった」という口コミがあるので、安心して購入できるはずです。

 

口コミ上にあったトラブル例
  • 解約の電話をかけたらオペレーターの対応がずさんで、嫌な思いをしました。
  •  

  • 10:00〜17:00と、決められた時間なのに、電話がつながらない。いつかけても「混み合っています」と言われ、つながらない。
  •  

  • 解約期間内に解約手続きをしたはずなのに、商品と請求書が届きました。何度も電話やメールをしていますが、解約させてもらえませんでした。

実績がある会社なのか調べる

 

青汁

有名青汁メーカーの商品は、オペレーター対応もしっかりしているので、安心して利用できます。そもそも、ホームページに解約の条件などしっかり記載されています。

 

安いからといって、知らないメーカーの商品を購入して、解約できないなどのトラブルにあう事を考えれば、信頼できる企業からの購入は最も安心できます。

 

安心して購入するために

 

「青汁の効果を実感してほしいから・・・」という理由で3回の回数制限を作っている企業はいいのですが、明らかに悪徳な企業もあります。そういった企業は、様々な情報の記載がない場合が多いので、買うことは避けた方が懸命です。

 

せっかく健康や、美容のために青汁を利用するのですから、定期購入のトラブルのようなストレスが加わる事は避けたいですよね。定期購入を利用する場合は、これらのポイントを理解して、商品を購入することをおすすめします。