スポンサードリンク

更新日:2017/11/16

青汁を続けるための3つの条件

コストが負担にならないこと

 

青汁は1ヶ月3,000円〜高くても1万円程度です。これで健康を維持できたらこれほど安いものはありません。ただし、高いものほど継続するのが難しくなります。

 

青汁マニアのおすすめの調査方法はコチラ

 

まずくないこと

 

青汁もまずいものもたくさんあります。各青汁によって味はかなり違い、本当にクセがあるものもありますし、お茶のように普通に美味しいものもあります。味覚は個人差がありますが粉末タイプであればそこまでまずいものはなくなってきています。

 

青汁マニアのマズイ青汁対策はコチラ

 

実感があること

 

おいしい青汁

実感はもちろん個人差がありますが、便秘や肌のトラブルなどは早めに実感する方が多いです。青汁マニアは実際に「疲れにくい・寝起きが良くなった・風邪を引かない」などは実感しています。青汁の愛飲者の継続率は、健康食品やサプリメントなどに比べて圧倒的に高いと言われています。

 

青汁マニアが考える「青汁の魅力」はこちら

 

続けやすいコスパの良い青汁を探すためにおすすめしたい事

 

まず、青汁を3ヶ月利用すると決めて、料金のシュミレーションをすることをおすすめします。青汁マニアは、商品レビューの中で、「3ヶ月購入シュミレーション」をしているものもあります。(※通販青汁の中には、定期購入は3ヶ月の継続など、解約までに制限をお願いしている商品もあります。)

 

例)濃い藍の青汁3ヶ月購入シュミレーション

 

濃い藍の青汁を3ヶ月間継続した場合の価格をシュミレーションしてみました。すべて税込価格で、通常価格は送料込みで計算しています。(上:通常価格・下:定期購入価格)

 

こちらの商品は、「3ヶ月はお続けになる事をおすすめします」と記載はありますが、「解約・中止10日前までにカスタマーサポートまで電話する」と良いそうです。

 

1ヶ月目

2ヶ月目

3ヶ月目

合計

3,780

3,780

3,780

11,340

1,944

3,207

3,207

8,358

 

濃い藍の青汁の特徴と実際のレビュー| 原料・産地・成分・口コミまとめ

 

例)ステラの贅沢青汁3ヶ月購入シュミレーション

 

ステラの贅沢青汁を3ヶ月間継続した場合の価格をシュミレーションしてみました。すべて税込価格で、通常価格は送料込みで計算しています。(上:通常価格・下:定期購入価格)

 

こちらの商品は、「定期便に回数や期間の制限はない」そうです。変更の際は、「お届け予定日の10日前までに連絡」すると良いそうです。

 

1ヶ月目

2ヶ月目

3ヶ月目

合計

5,286

5,286

5,286

15,858

980

3,586

3,586

8,152

 

ステラの贅沢青汁の特徴と実際のレビュー| 原料・産地・成分・口コミまとめ

 

例)全額返金保証があるので試しやすい!【ふるさと青汁】

 

ふるさと青汁は1箱購入すると、2週間分(14包)無料でついてくるというキャンペーンが行われています。まずは2週間試してみて、自分に合わないと思ったら返品してお金も全額返してもらうことができます

 

マイケアふるさと青汁の実際のレビュー| 原料・産地・成分・口コミまとめ

「青汁=まずい」は昔の話

 

今は各メーカーが「飲みやすさ」を重視しているので、粉末タイプであればそこまでまずいものはないのが現状です。やはり続けるには飲みやすさは重要な要素になっています。ユーザーも「青汁選びで、重視している点は何ですか?」と聞くと

 

  • 「飲みやすさ(=まずくないこと)」が最も多く70%
  •  

  • 「価格(=コストが負担にならないこと)」が61%
  •  

  • 「効果・効用(=実感があること)」が52%

 

「効果・効用」にも増して、「飲みやすさ」が重視されていることが分かりました。青汁マニアは「紀文の豆乳」で割って飲んでいますが、どんな青汁でも相性がいいです。

 

おいしくない青汁に出会っても捨てないで!

 

味の好みは人それぞれなので、自分好みの味ではない青汁に出会う事もあります。でも、捨てないで下さい。ここでは、おいしくない青汁でも、おいしく飲む事ができる青汁の飲み方を紹介します。

 

青汁マニアおすすめの飲み方

 

豆乳・牛乳で飲む青汁ラテ

 

青汁ラテ

牛乳や豆乳を人肌程度に温めます(青汁の成分が壊れるので沸騰させてはいけません。)。そこへ、青汁の粉末を加えると、青汁ラテになります。青汁の苦味がやわらかくなり、飲みやすくなります。

 

それでも、苦い!と感じるならば、はちみつ・黒砂糖などを加えるのもおすすめです。カロリーが低く、消化吸収しやすいはちみつや黒砂糖は、ミネラルも豊富で、栄養価も高いため、加える事で青汁の栄養価も高まります。

 

しかし、いくら飲みやすいからといって、はちみつはボツリヌス菌があるため1歳未満のお子さんには与えないようにして下さい。

 

ホットケーキや卵焼きなど料理の材料に加える

 

青汁カップケーキ

青汁の粉末を加えてホットケーキを作ると、甘いやさしい味はそのままで、見た目は少しグリーンになり、鮮やかになります。写真のようなカップケーキもおすすめです。

 

他にも、卵焼きに加えたり、味噌汁やコーンスープに加える方もいます。クックパッドでも、様々な青汁レシピがあるのでぜひ見て下さいね。

 

黒酢と青汁を一緒に楽しみたい方はこちらへ

効果ってなんだろうと考える前に青汁を飲んでみてほしい

 

青汁は、あくまで野菜を摂取した上で、足りない分を補う以上の事は期待しない方が良いという人もいます。確かにそういう風に考えるのもありだとは思います。青汁マニアは、青汁の魅力をこう考えています。

 

青汁の魅力5選

  • いつもは捨てている野菜の皮や茎、根っこなどの栄養を取り入れられる
  • 栄養価は高いが、食べにくい大麦若葉や、明日葉、ケールなどの栄養を取り入れられる
  • 手軽に野菜を取り入れる事ができる
  • 野菜が高い時、災害時などで生野菜が補給できない時でも水さえあれば飲む事ができる
  • 牛乳や豆乳などを使って、野菜嫌いの子どもにも与える事ができる

 

栄養ドリンクのように、数百円するものではなく、1杯あたり、100円前後の物が多いのでコスパも良く、商品によっては無添加のものもあります。ペットボトルの砂糖がたっぷり入ったジュースを飲むよりも、健康的だといえます。

 

もちろん、何らかの効果も期待できると思います。しかし、「効果が出なかったから」と言って、青汁をすぐにやめてしまうのは、とてももったいないのです。まずは、水分補給だと思って続ける事をおすすめしたいと、青汁マニアは考えます。