スポンサードリンク

更新日:2017/09/01

青汁に含まれる豊富な食物繊維で便秘対策

青汁は便秘対策になる〜自然な食物繊維で腸をきれいに〜

 

ある女子大生の調査では、青汁を飲み始めて1週間で8人中4人の便秘が解消された例もあります。ここでは、便秘解消になぜ青汁がおすすめなのかを解説していきたいと思います。

 

青汁の豊富な食物繊維が便秘解消をサポート

 

食物繊維で腸壁を刺激

青汁の中には、野菜本来の食物繊維がたっぷり含まれています。「最近、便秘がちだ・・・」「まだ残っているきがする・・・」という方は、青汁の食物繊維を取り入れる事で、便秘解消できる場合があります。

 

青汁に含まれる多量の食物繊維が便に入り込んで、腸壁を刺激します。腸で消化吸収されない食物繊維は便のボリュームを増やし、便を出すぜん動運動が活発になり、スムーズなお通じを促します。

 

さらに、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、腸の働きや環境を改善する力もあります。そして、青汁を継続して行くことで、便秘体質を改善する効果も期待できます。

 

便秘解消でおすすめの青汁タイムは就寝前

 

便秘解消を期待するのならば、青汁は寝る前に飲みましょう。腸は夜の10時から夜中の2時にかけて、消化吸収を行います。そして、排泄を行うための準備時間です。この時間に睡眠をとることが、腸の活動をサポートすることになります。

便秘の怖さ

 

そもそも、便秘は「万病の元」と言われるほど、体にとって良いものではありません。便秘は様々な影響を体に与えます。

 

便秘による体への影響

便秘の影響の解説

  • 高血圧
  • 免疫力の低下
  • 疲れやすくなる
  • 肌荒れ・肌の老化

 

さらに、便秘は大腸がんを引き起こす最大の危険因子にもなります。腸内に生息する悪玉菌によってタンパク質や脂肪が腐り、ニトロソアミンやインドールなどの多くの有害物質が発生します。日本人の食卓が欧米化し、野菜が少なくなるとともに、大腸がんは増加の一途をたどっています。

 

年々増えている女性の大腸がん

 

大腸がんの死亡数の年代表

 

便秘薬の危険性

 

便秘薬を常用していると腸の排便力が衰えるため、かえって便秘がひどくなり、下剤依存体質になる危険があります。便秘薬を規定の量で守っている間はいいのですが、常用することで、便秘薬が効きづらい体になっていきます。

 

便秘薬を飲まなければ「不安」になってしまったり、便秘薬なしでは排便できなくなる事もあるそうです。こうなってしまっては、手遅れです。便秘薬を利用せずに、排便できるように、体を整える必要があります。その整える効果が、青汁には期待できるるのでおすすめなのです。

 

便秘体質は、ストレスや運動不足・睡眠不足・腸内環境の悪化など様々な原因が絡んでいます。まずは、自分の体と心を見つめなおしましょう。そして、安易に薬を使うのではなく、自然な食物繊維をたくさんとりつつ、安全で自然な便秘解消を行いましょう。

 

便秘解消したい方におすすめな青汁ランキング

 

ふるさと青汁

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

ふるさと青汁の特徴

明日葉の主成分「カリウム・カルコン・食物繊維」などはデトックス効果が非常に高いので、体の中の老廃物をすっきり洗い流してくれます。 明日葉はデトックス効果と栄養価の高さは他の青汁に比べると群を抜いているので、便秘解消におすすめです。

価格 通常価格4,104(税込)円 定期購入3,693(税込)円
評価 評価5
備考 14包(2週間分)サンプルが付いてくるキャンペーン中