スポンサードリンク

更新日:2017/07/19

知っていますか?農家の秘密

農家では出荷用の作物とは別に、無農薬や農薬を少なめに使用した作物をつくり、自分たちはそれを食べている人もいるという話を聞いたことがあります。

 

その原因は、私たち消費者にも原因があります。「見た目」を重視した農産物を、私たち消費者が求めているからです。さらに、少しでも安いものを購入するので、農家は「多収穫」する農作物を作らなければならない状況になっています。

 

消費者が求めるので、メーカーや農家はそれの応えるしかないのです。

 
農薬が残留している野菜の影響について

 

国民生活センターの調査によると、一般に売られている野菜や果物には30〜40%の割合で農薬が残留していたそうです。

 

農薬は害虫や雑草などの「生き物」を殺すものなので、人間も同じ生物であることは変わりはありませんので、影響が全くないとは言い切れません。

 

品質や生産向上などには大きく貢献してくれてはいますが、農薬を使用するリスクも知っておいた方がいいでしょう。主なリスクとして、アレルギー症状や化学物質過敏症を引き起こす原因になっているという説があります。

体のために、必要な「野菜知識」

 

安全な野菜を求める方法

 

農産物を選ぶとき、「有機JASマーク」がついてあるものであれば、農薬や化学肥料を使用していないので安心や安全の目安になります。

 

青汁を飲むメリット

 

青汁の成分は、農薬、食品添加物などの有害物質を素早く体外に排出してくれます。人体による研究結果でも、青汁を飲んでいた人は、農薬を14倍の排出したという結果もあります。