スポンサードリンク

更新日:2017/09/01

ファスティングのときの飲み物には青汁がおすすめ!?

ファスティング前、ファスティング中、ファスティング後にも青汁がおすすめ

 

ファスティングの飲み物には、青汁がおすすめです。 ファスティング中の不足しがちな栄養を、青汁は効果的に補ってくれるからです。カロリーの低さ、コストパフォーマンスの高さなども、青汁がファスティングのときの飲み物としておすすめの理由です。

 

ファスティング前、ファスティング中、ファスティング後にも青汁が役立つ理由、ファスティング中におすすめの青汁、ファスティング中に青汁を飲むときの注意点を解説します。

 

青汁でファスティングする際の注意事項

 

ファスティング中に飲めるおすすめの青汁

 

胃腸を休め、調子を整えるのがファスティングの目的ですから、その目的にかなった酵素のたっぷり含まれる青汁がおすすめです。酵素マニアは、無添加の青汁や、有機JAS・有機栽培の青汁をおすすめします。

 

ふるさと青汁

ふるさと青汁

「農薬・化学肥料に頼らず」育てられた、明日葉・桑の葉・大麦若葉を使用した青汁です。特に、根っこまでめるごと入った明日葉は、カルコンと、カリウムが多く含まれています。

 

無添加なので、安心して利用できます。当サイトのランキングでは、野菜不足におすすめNo.1、便秘解消におすすめNo.1の青汁です。

価格(税込) 内容量

通常4,104円
定期3,693円

30包

詳細はこちら

公式サイトはこちら

 

 

食後の血糖値の上昇や、食事の過剰摂取を抑える働きがあるといわれている、「桑の葉」もおすすめです。桑の葉で作った「桑の葉茶」は、ダイエット効果があるとして、近年人気が高まっています。

 

 

ファスティング中に青汁を飲むときの注意点

 

青汁はカロリーが低いというメリットがあります。コップ1杯分で平均10kcal前後です。ですからファスティング中にどうしても空腹感を感じたり、エネルギーが足りなくなったりします。ファスティング中にそのような症状があらわれたら、青汁に黒砂糖かハチミツをブレンドすることをおすすめします。

 

なぜなら、黒砂糖には、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれているので、ファスティング中の栄養補給になるからです。さらに、ハチミツの主成分のブドウ糖と果糖は、体内で、これ以上分解しようがないというくらい単純な構造の糖類です。

 

ですから体内に吸収されると、胃腸に負担をかけることなく、すぐにエネルギーになります。胃腸を休めるのがファスティングの目的ですから、ファスティング中のエネルギー不足や栄養不足の解消に、適度に黒砂糖や蜂蜜を混ぜて青汁を飲むのはとても理にかなっています。

 

青汁でファスティングのおすすめ時期

 

ファスティング中はどうしても、普通の食事ができません。それでエネルギーが不足になりがちということを考えると、プチファスティングにおすすめなのは週末ということになります。 週の半ばくらいから、準備期に入り、週末にファスティングし、日曜日あるいは週明けから回復期に入るというイメージです。

 

もちろん回復期を終了し、通常の食事に戻った後も、胃腸の調子を整えるために、青汁の習慣を継続することをおすすめいたします。

 

青汁のファスティングで得られる効果

 

胃腸を休めて、調子を整える

食事を摂らないので、胃腸が休まります。青汁に含まれる酵素は、消化に必要な酵素を補充する助けになります。

 

デトックス効果

ファスティングには、毒素や老廃物をデトックスできるという効果があります。青汁に含まれる食物繊維やカルコンには、排便・利尿を促す作用があります。ですから青汁を飲んで、ファスティングするならそのデトックス効果が高まることを期待できます。

 

ダイエットや美肌効果

ファスティングで得られるデトックス効果に付随する形で、効果を期待できるのが、ダイエットや美肌効果です。お腹に溜まった宿便も排出されるので、ダイエットにつながり、肌荒れの原因になる毒素や老廃物も排出されます。

 

置き換えダイエットにも青汁はおすすめ

 

週末を利用して簡単にできるプチファスティングですが、普段から青汁を家に常備しておけば、やる気になったときに始める事ができます。しかし、無理はきんもつです。ファスティングが難しいようであれば、朝食を青汁だけにする、置き換えダイエットから始める事をおすすめします。

 

胃腸の調子が整い、デトックスできれば、ダイエットや美肌効果もついてきますから、特に女性にとっては、青汁で手軽にお安くできるこの方法は魅力的です。そのためにも、毎日続ける事ができる、おいしい青汁と出会いましょう。

 

手軽で、コストパフォーマンスも高い青汁!

 

ファスティング中に飲み物としてすすめられる酵素ドリンクや自家製スムージー、野菜ジュースと比べると、青汁ははるかに手軽で、コストパフォーマンスも高いです。

青汁

 

青汁

ネット、通販、ドラッグストアなどで手軽に買えて、酵素ドリンクや野菜・果物ジュースに比べると1杯分が安いので利用しやすいです。栄養補給、酵素の補給、カロリーの低さ、コストパフォーマンスが高いなどのメリットがあります。その一方で、苦みのある味に抵抗のある人もいます。

市販の果物や野菜のジュース

 

手軽に買えて、値段も高くないため、利用しやすいのが1番のメリットです。原材料を加工処理する段階で、酵素やビタミンなどの栄養素が破壊されているので、栄養補給の方法としては不向きなため、ファスティングにも向きません。

自家製の果物や野菜のジュース

 

ミキサーなどで作るのに手間がかかり、季節によって材料費に値段がかかる場合もあります。野菜や果物の栄養素を効果的に補給できますが、費用と手間がかかるので時間がある人にはおすすめです。

酵素ドリンク

 

ネット、通販、ドラッグストアなどで手軽に買えますが、青汁に比べると値段が高い特徴があります。飲むとお腹が膨れるので、ファスティング中の腹持ちの良さは抜群ですが、コストがかかります。商品によっては、発酵臭が気になったり、味やにおいが苦手という人もいます。

ファスティング前に青汁

 

青汁

ファスティング前の準備期、つまりファスティングを始める数日前から、通常の食事よりも軽い食事に切り替えて、ファスティングのための準備を始めます。

 

ファスティング中は、肉類や脂肪分を避け、食事の量も減りますので、栄養分の不足が心配されますが、青汁は手軽にビタミン、ミネラルなどのたくさんの栄養を補給できます。

 

さらに、ファスティングの期間に合わせて、少しずつ胃腸を休めるのも準備期の目的です。青汁の食物繊維などは、消化吸収にかかる胃腸の負担が軽くなるのを助けますので、胃腸を休ませるための助けになります。

 

ファスティングの最中に青汁が役立つ3つの理由

 

青汁でデトックス効果

 

ファスティングで、宿便を排出しデトックス効果を得ることができます。青汁の食物繊維は、腸内で脂質や老廃物などを吸着させ、腸のぜん動運動を刺激し、排便によるデトックスを促します。

 

また、青汁の原材料の明日葉などには、カルコンという利尿作用のある栄養分が含まれています。これも排尿によるデトックス効果をサポートしてくれます。

 

青汁は酵素の補給にも優れている

 

ファスティング中の飲み物は、消化や代謝の能力を補ってくれる酵素ドリンクというイメージがあるかもしれませんが、実は青汁の中にも酵素は含まれていますので、胃腸の負担を軽くしてくれる酵素の補給もバッチリできます。

 

青汁で飲み物に味の変化をつけられる

 

ファスティング中は、1日に水を2?以上飲むようにとすすめられています。しかし、水だけでは飽きてしまうので、味を変える意味でも青汁を飲むのはおすすめです。

 

ファスティング中は、固形物を摂取しないので、通常よりも味覚が鋭敏になるといわれています。普段では感じられないような青汁のおいしさに出会えるかもしれません。

 

ファスティング後の回復期にも青汁

 

ファスティング終了後は、いきなり普通の量の食事に戻すのではなく、おかゆのような胃腸にやさしい食事から始めて、徐々に普段の食事に戻していきます。

 

ファスティング後も、通常より食事の量が減りますので、栄養不足を補うために青汁は効果的です。普通に青汁を飲むこともできますが、回復食のおかゆやヨーグルトに青汁を混ぜるのもおすすめです。