スポンサードリンク

更新日:2017/09/01

胃腸の調子を整えるおすすめの青汁と胃腸に良いとされる6つの理由

青汁は胃腸の調子を整えてくれるスーパーサポーター

 

青汁には葉緑素、食物繊維、ミネラル、ビタミンなど胃腸の調子を整える効果を持つ成分がたくさん含まれているからです。

 

今回は、なぜ青汁が胃腸の調子を整えるのに役立つのか、青汁を飲んで胃が痛くなるという人もいますが、そうならないための対処法、胃腸の調子を整えるためにおすすめの青汁を解説します。

 

胃腸の調子を整えるおすすめの青汁

 

市販されている青汁のほとんどに、食物繊維、葉緑素、ビタミンなどの胃腸の調子を整えるのをサポートしてくれる成分が含まれています。

 

明日葉に含まれるカルコンの働きを考えると、明日葉を主原料にした青汁が胃腸の調子を整えたいと思う方にはおすすめです。

 

ふるさと青汁

ふるさと青汁

明日葉の青汁といえば、「ふるさと青汁」というほど、認知度が高い青汁です。明日葉は、特に栄養価が高い根っこまでめるごと入っているため、カルコンと、カリウムがとても豊富です。

 

明日葉をはじめとした材料は、「農薬・化学肥料に頼らず」育てられたもので、しかも無添加なので安心感も違います。

価格(税込) 内容量

通常4,104円
定期3,693円

30包

詳細はこちら

公式サイトはこちら

 

青汁が胃腸の調子を整える6つの理由

 

青汁はお薬ではないので、胃の痛みをすぐになくなるという効果はありません。しかし、定期的に飲めば、その成分を通して、胃腸の調子が整い、胃痛や胃潰瘍などになりにくい丈夫な胃腸になるのをサポートしてくれます。青汁に胃腸の調子を整える効果を期待できる6つの理由があります。

 

胃壁や胃粘膜を保護・強化する

 

青汁に豊富に含まれるβカロテンは体内に摂り入れられるとビタミンAに変換されます。ビタミンAには人間の粘膜を丈夫にする働きがあります。ですから青汁には胃や腸の粘膜を保護・強化する効果を期待できます。

 

消化吸収時の胃腸の負担を減らす

 

食事の後、胃腸は酵素の働きで消化吸収を行います。しかし年齢と共に体内の酵素は減少します。青汁にも酵素を含んだ商品があるので、その青汁の酵素が胃腸内の体内酵素の働きを助け、消化吸収時の胃腸の負担を軽減してくれます。

 

デトックス効果

デトックス効果

青汁の成分の代表ともいえる食物繊維には、胃腸内で余分な糖や脂質、毒素を吸収し、便と一緒に体外へ排出するという働きがあります。こうしたデトックス効果で胃腸の過剰な働きを抑制し、胃腸の負担を軽減することができます。

 

また青汁には、その見た目の通り葉緑素(クロロフィル)という成分が含まれています。葉緑素にも、体内の有害物質を吸着して、体外に排出するというデトックス効果を期待できます。食物繊維、葉緑素という2つの成分でダブルのデトックス効果を期待できるので、青汁は胃腸の調子を快適に保つ助けになるのです。

 

胃潰瘍の予防

 

青汁には明日葉を主成分としたものがたくさんあります。明日葉にはカルコンという成分が含まれており、このカルコンには、過剰な胃酸の分泌を抑制する、つまり胃潰瘍を予防する効果が期待できます。

 

キャベツを原材料に含んでいる青汁もおすすめです。なぜならキャベツにはビタミンUがふくまれているからです。ビタミンUには、胃薬の名前としても有名なキャベジンという別名があり、このキャベジンが胃潰瘍の予防に役立つからです。

 

ピロリ菌の除去

 

胃壁を傷つけ、胃の粘膜を減らし、酸の攻撃を受けやすくする状態を作り出す犯人としてピロリ菌の名前が出ます。ブロッコリーには、このピロリ菌を除去する効果のあるスルフォラファンという成分が含まれています。

 

胃炎や潰瘍の原因になるピロリ菌を減らすために、ブロッコリーやブロッコリースプラウト、つまりスルフォラファンを成分に含む青汁を選んでみることもできます。

 

ストレスの緩和

 

胃痛や胃潰瘍の原因に過度のストレスがあります。青汁のビタミンCはストレスの緩和、胃腸の調子を整えるのに役立ちます。ケール、ほうれん草、レタス、ブロッコリーなど青汁の原材料になるこうした野菜にはビタミンCが豊富です。

 

ストレスがたまると、それに対抗するために副腎皮質ホルモンが必要になりますが、その合成を助けるのがビタミンCです。またイライラしていると「カルシウム不足」と昔は言われましたが、青汁にはカルシウムが豊富に含まれているのでカルシウム不足も解消できます。

青汁を飲んだ後に胃が痛くなることがあるのはなぜ?

お腹が痛い

 

胃腸の調子を整えようと青汁を飲んだのに、後で胃が痛くなったという経験はありませんか?冷たい青汁を一気に飲んだことや、もともと胃の調子が悪かった事が原因として上げられます。さらに、青汁の原材料の栽培時に農薬が使われているものがあり、その農薬の影響などが原因の場合も考えられます。

 

    青汁を飲んだ後に胃が痛くならないための対処法
  • 少しずつ飲む
  • キンキンに冷えた状態のままでは飲まない
  • 少し温めた状態で飲む

 

冷たい青汁を一気に飲めば、お腹が急激に冷えて胃が痛くなるわけですから、これらの対処法がおすすめです。しかし加熱しすぎると、青汁の栄養素が熱で死滅してしまうので、ぬるま湯程度の適温にとどめておくべきです。もし、農薬などの残留成分が原因のようならば、無農薬・無添加の青汁を選びましょう。

 

青汁を定期的に飲んで丈夫な胃腸を手に入れる

 

青汁の持つ食物繊維、葉緑素、ビタミン、カルコンなどの成分には、胃腸の負担を軽減したり、胃の粘膜を保護したり、胃潰瘍の予防などの効果を期待できます。冷たい青汁を一気にそのまま飲むのを避けたりすれば、青汁を飲んだ後の胃の痛みも避けることができます。

 

丈夫な胃腸が手に入れば、毎日の食事も楽しい時間になり、食事からも健康維持に必要な栄養素を効果的に摂取できます。青汁と健康的な食習慣の両立で、胃腸の調子が快適ならば、毎回の食事がきっと待ち遠しくなるでしょう。